ブルーキャメルとは?

冷たい=気持ちよい

だけど

冷た過ぎ=カラダに悪いかも?

 

カラダを冷やしても

冷やしすぎてはいけない

そんな問題を解決したのが

ブルーキャメル

 

カラダに優しい感触は、唯一無二のオリジナリティの輝き

ブルーキャメルは、素材の融合から生まれた最高品質

同じ素材からつくられるアイテムでも、一つ一つに施される技術で、品質に大きな差が生まれます。ブルーキャメルの品質は『Cleanliness (清潔力)・comfortable(快適性)・Certification(証明)』の素材そのものの性質に依存する3要素と、アイデアに依存する『Originality(独創性)』の要素が加わり、4つの要素で評価されます。その中でも唯一無二である独創性は、輝きを決定づけるとして非常に重要視されています。

ブルーキャメルは、私たちが睡眠を快適に過ごす上で、安全・清潔・快適の質を決定するといっても過言ではありません。ゆえに、最高峰の品質と称される素材を使用した輝きと美しさを持っています。

ブルーキャメルの特徴

高い接触冷感「大賞優秀賞」の称号を持つ

アイテムづくりにおいての信頼は品質の証明が成す。第六回ものづくり大賞の優秀賞を授かった高機能素材「接触冷感素材ゼロ―クール」を私たちの生活サポートアイテムとして体感できるのがブルーキャメルの醍醐味のひとつ。
「貢献性」「実用性」などにおいて、他社の追随を許さない快適さを追求しました。「モノの本質は、どんな時代も人の生活を助けるアイテムとしてあるべき」

接触冷感とは?
「接触冷感」素材とは文字通り、触るとヒンヤリと感じる生地のこと。これは、①繊維中に水分を多く含むこと②熱伝導率・熱拡散率が高いこと③触った時に少し硬く感じる(シャリ感)こと、などが影響しています。また、生地内の水分を素早く吸収・拡散して気化熱を奪うなどの手法もあります。こうした特徴を持った生地に触れると、肌から生地へ瞬間的に熱が移動して冷たい感覚を得ることができます。この移動量は接触冷湿感評価値Q‒max(W/cm2)で数値化され、高いほど「冷たい」と評価することができ、0.2W/cm2以上が冷たく感じる目安とされています。

ブルーキャメルは並外れた機能性

接触冷感度(Q-Max)が「0.338」と冷感素材として現状で最高水準の数値を示すゼロクール。その類いまれな機能性を私たちのシーンに取り込むことで、睡眠の問題、衛生面の問題、健康の問題に対してケアすることができます。

ブルーキャメルの心地良さ=冷感+清潔感

冷たさの指標になるQ-MAXは、数値が高いほど冷感を感じることができます。

ですが、実際に梅雨の時期や夏の夜に、強い冷感値のある物の上に体を置いてみると思っているより気持ち良く感じられません。個人差は多少ありますが、体の体温を冷感素材の作用で奪われ続けることで、血流や自律神経のバランスを崩し、睡眠時の回復力を妨げてしまうことにつながってしまうという懸念があります。

ブルーキャメルはただ冷たい!という素材ではなく「心地良く清潔である」という快適度が高い機能素材です。